花言葉

「オオヤマザクラ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオヤマザクラはバラ科サクラ属のサクラの一品種で、日本に自生するサクラ属の基本野生種の1つです。 国内では北海道、本州、四国の日本海側に、海外では中国、朝鮮半島、ロシアに分布します。 北の寒い地域や高冷地の山に自生します...
花言葉

「オーブリエチア」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

スミレに似た、可愛い花を見かけることがあります。 オーブリエチアの花言葉を調べていきましょう。 「オーブリエチア」の花言葉 花壇いっぱいに咲き誇るのがオーブリエチアです。 四枚の花びらをクロスさせて、...
花言葉

「オオフタバムグラ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオフタバムグラは北アメリカ原産の一年草で、その名の通り葉が対になって生えることが特徴です。 また真っすぐに伸びて花を咲かせるその姿から「タチフタバムグラ」とも呼ばれます。 花は整った三角形に近い形の花びらが4枚あるよう...
花言葉

「オオブタクサ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオブタクサは、一年草でありながら時に人よりずっと大きく伸びる性質で知られています。 名前の由来は大型のブタクサであることから。 ちなみにブタクサの名前の由来は英語名のHogweed(Hogは大人の豚、weedは雑草を意...
花言葉

「オオフサモ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオフサモはごく一部の県を除くほぼ全国(北海道・沖縄を含む)で見ることのできる水草の一種です。 水中の土に根を張って葉を水上に出す抽水植物の一種でもあり、小さな公園の池や沼などでは群生し水面を覆いつくしていることも珍しくは...
花言葉

「オオハンゴンソウ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオハンゴンソウは、キク科オオハンゴンソウ属の多年草で、7月?10月頃にかけて赤やオレンジ、黄色い花を咲かせます。 ルドベキアという花の一種で、北アメリカ原産ですが、明治時代に観賞用として日本に持ち込まれて野生化した花です...
花言葉

「オオハンゲ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオハンゲはサトイモ科ハンゲ属の多年草です。 関東より西、沖縄まで分布します。 林縁や日陰の沢沿いなど、岩盤近くで土壌の浅いところに生育します。 カラスビシャク(ハンゲ)をひとまわり大きくしたような姿から、オオハンゲの...
花言葉

「オオバライチゴ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオバライチゴは「タカイチュビ」の一種です。 タカイチュビとは、琉球王国で栽培されていたキイチゴ類を指す言葉。 他のタカイチュビとしてはナワシロイチゴ、ホウロクイチゴ、リュウキュウイチゴ、リュウキュウバライチゴなどが知ら...
花言葉

「オオバヤシャブシ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオバヤシャブシという植物の名前を聞いたことはあるでしょうか。 オオバヤシャブシは、本州は福島県から紀伊半島周辺に分布している、カバノキ科ハンノキ属の落葉小高木です。 3月から4月頃にかけて花を咲かせます。 「オオバ」...
花言葉

「オオバノヨツバ」の花言葉とは?色や由来など花言葉を徹底解説

オオバノヨツバ(オオバノヨツバムグラとも表記される)はアカネ科ヤエムグラ属の多年草です。 雑草としてよく見かけられるヤエムグラとは反対に、オオバノヨツバはめったに見られない貴重な種で、神奈川県や高知県では絶滅した種に、岡山...
タイトルとURLをコピーしました